焼肉のルーツは日本にあった!?

一般的な料理へ

戦後から蘇る食肉文化

肉を食べる文化が本格的に隆盛を極めるのは、日本は戦後間もない頃からとなる。戦前においてもそれとなく栄えていた面もありましたが、やがて戦時下へと突入した際には肉そのものの流通が行われなくなり、高級品としてみなされていきます。そもそも戦時中は食料配給すらまともに行われず、一日2食あれば贅沢だと言われていたくらいだ。肉なんて高価なものを一般庶民が目にする機会はまずなかったと語られている。肉を食べれば正義というわけではないが、文化的な面で言えば肉は高級品として見られていた。

そんな肉食文化も戦後から本格的に一般的な食卓へと普及していき、やがて多くの人が愛する食事として容認されていきます。さて、ここまでのことを考えると韓国が起源とする話には些か疑問点を提示しなければならない点が多く出てきます。ソウルオリンピックから『本格的な焼肉』が言い伝えられていたと語る人もいるかもしれません、ですが焼肉でいうところの本格とはなんだろうか。そもそも、実は韓国では肉を食べる行為は宮中でしか行われておらず、一般的な人々が口にする機会は滅多にないとまで言われた食事だということをご存知だろうか。

また韓国の焼肉文化と日本の焼肉文化では、決定的に異なっている点が1つある。また普段焼肉を食べに行くとなったらどのように食事しているのか、それを考えてもらえば自ずと違いもはっきりと浮かんでくる。独特の韓国式焼肉を本場とするのもそうだが、逆にどこか窮屈だったと内心食べたことがある人もいるのではないだろうか。そう、日本と韓国では焼き肉をどのように食べるかで違いがある、その点をきちんと理解しておかないといけないのです。戦後に復活した焼肉文化、実はこの時から日本人の焼き肉を食べる風景はあまり変化していないのです。

焼き肉食べたいよね

きっかけとなった食事

肉を食べる文化に関しては、マイナーなところで嗜まれていたこともある。その中には近江牛の原点ともいうべき肉を用いた文化的な活動も確認されており、また横浜では牛肉を串に刺して焼いて食べていたこともあったと言われています。これも立派な食肉文化に連なるものといえますが、全体的なものの見方では非常に視野が狭くなってしまうため、論外だ。もっと広く見るとするなら、明治時代に広く人気となった『牛鍋』でしょう。現在のすき焼きが生まれた原点とも言われていますが、ある人によっては『ジンギスカン』としている人もいる。

こうした文化的背景をキッカケにして、徐々に日本人もかつて積極的に行っていた食肉文化を蘇らせていったが、そうした文化でどうしても食べてはいけないと戒律にも似た、強い戒めに近い特定の動物を食べることだけは拒んでいました。その代表的な例として『犬』が挙げられます。

美味しい食べ方

敷金礼金0円、更新料0円、ペットOK物件、デザイナーズマンション等幅広くご紹介しております。賃貸 京都でお探しでしたらぜひ一度ご相談ください。一緒に住みたいお部屋を探していきましょう。
お仕事を探すにあたり、押さえておきたいポイントって結構ありますよね。例えば給料だったり、出勤時間だったり…。その点ドライバー 求人ドラEVERなら希望条件を多数設定しての検索が可能だから便利便利♪

韓国との明確な違い

現代では日本人が犬を食用にするなどと考える人はほぼ皆無と言っても良い。今の状況で言うなら、食肉文化が根強く伝播されている中で、日本と韓国との明確な違いとなっている。そもそも犬を食べるという発想自体に行き着く人が少ないと思ったほうがいいかもしれません。それと同じく、猫もそうだ。

そう考えれば、焼肉に至っても犬用の肉を食べない日本と日常的に犬を食べられている韓国とでは決定的な違いといえるのではないだろうか。焼肉用に食材を卸しているかまではさておき、愛玩ペットとして愛されている犬を食べるなど到底考えられない。ですが、犬を食べないとするタブーは現代期のみであり、実は古代から近代近くまで日本でも犬を食べる文化は存在していたのだ。

日本の犬食文化

今でこそ日本の犬食文化はタブー視されていますが、動物愛護法などを見ても実は犬を食べてはダメとする法律は存在していないのです。つまり、現時点では合法的だとみなす人もいるでしょうが、確実にグレーゾーンなのは言うまでもありません。こうした背景には、かつて日本にも犬を食用として飼育・調理していた時があったからだ。それまでは犬を食べてはいないと見られていましたが、現代機に入るとその見解が改められるようになり、実は普通に食べていたとも言われているのです。

奈良時代に肉食禁止令が出された後も、農耕などに害をもたらす獣と見なされてしまえば貴重な食料とされてしまうのも容易い。それは江戸時代でも当たり前で、武士社会では犬食を禁止する動きもありましたが、市井では犬ほど豪華な食事はないとまで言われていた。見るに堪えない、考えたくもない状況と言えるでしょう。そしてこんな無法地帯といえる時代に転換期として持ちかけたのが、実を言うところ先述で紹介した徳川綱吉の生類憐れみの令こそが、犬食を明確に禁止した法律と言えるのです。

それも後に廃止されてしまいましたが、明治期になると西欧の動物愛玩という価値観が登場したことで、考えを改める動きも出てきた。日本では犬など食べないと思っているのは現代特有の価値観であり、実は歴史的に見ればはるか昔の時代には食用として犬は美味しく召し上がっていたというから、少し考えものだ。

敬遠から人気へ

こうした歴史の変遷により、今まで肉食はダメだという固定観念は崩壊し、昭和中期より少しずつその文化は成長の兆しを見せるようになる。その流れも非常に緩やかで、中々人々に受け入れられない中でも着実に発展という形を整えていった。