焼肉のルーツは日本にあった!?

食糧難を乗り越えて

いつの時代も不足から

日本の食肉文化を見てもそうだが、どの時代にしても必ず『食糧不足』という一つの分岐点が生じている。古代から中世、そして近代から現代にかけてまでもだ。特に建前上、獣肉を食することを禁止していたこともあって、肉を食べる事に慣れていなかった人には当然の食事でもありましたが、逆に食べ慣れていない人にしたら獣肉は未知の食材だったといえる。それをお上が食べろと指示したからといって、すぐに食べられるわけでもない。逆にあまりに長く獣肉を食する機会から縁遠い生活をしていたため、明治以降の人にとって肉を食べるのも一苦労だった。一部の上流階級が食べる贅沢品としか確立されていなかった中で、食べるにしても臭みを完全に取り除いてからというから味気のない、パサパサとしたものなのは言うまでもない。

こうした状況下では、その更にとんでもない異臭を漂わせる内臓系の食料など受け付けられるはずもなかった。けれどそんなご無体な世間体に捕らわれては生きられない、そんな状況に常日本人は悩まされてきました。食糧不足、誰もが満足に食べられなかった時代は餓死する人が相次いで出没する。飢えで死んでしまう人は現代でも頻発しているほどだ、どうしようも無くなった状況下で食べられないからと敬遠していては、命に関わる。何がなんでも生きなくてはならない、そのためにはどんなものでも食べられるならと手をつけていった。それがホルモン焼きである、焼肉へと繋がっていくとするなら、中々シビアな話だ。

明治時代から登場した動物愛護という価値観は、それまで当たり前のように食べられていた犬や猫などを食べるという発想を押さえつけていたが、戦後と占領下においては闇市では活発に食料として売買されていたという。中には動物の内臓を出汁と具にしたゲテモノも販売していた店もあったというが、それだけ貧困に苦しめられていたというわけだ。

焼き肉食べたいよね

訪問着 レンタル探しているなら問い合わせください。問い合わせください。男性用フォーマルレンタルもしてます。

現代でもある

昭和から平成期に差し掛かる頃には、食糧事情で悩みを抱えることなどほとんどなくなっていた。ある程度金銭を有していれば肉や野菜、その他調味料などの必要な道具を取り揃えれば、食に事欠くことはない。特に食肉でいえば平成になれば一般・外食関係なく誰もが当然のように食する物としてその価値を得ることになる。国内で生産されているものを含め、海外からの輸入品で90年代の獣肉は満たされていた。

中でもアメリカから輸入される牛肉の数は圧倒的だった、逆にその流通が止まれば一気に肉不足という状況に陥る側面もある。それが実際に起ったのが、『BSE問題』だ。

美味しい食べ方

狂牛病から発生した、牛肉不足問題

現代期の中で1番社会的影響の強い食糧問題の1つにもあげられるBSE問題ですが、これにより日本の牛肉市場が一気に縮小化される事態に陥ります。発端は今から14年前に遡りますが、それから数年後にはスーパーを始めとした売り場から牛肉がほぼ消滅し、豚や鳥の肉だけとなる。飲食店、それこそ焼肉を営む企業は大打撃を受けてしまい、牛肉の代わりに豚の魅力を宣伝する動きが強くなっていった。この頃、牛肉があまり食べられなくて個人的にかなり辛かったことを覚えている。ただそれも下手をするならBSEに感染していたかもしれないのだから、危険よりはまだマシだ。

とはいえ、牛肉市場を国内ではまかないきれず、アメリカではないオーストラリアなどから輸入をするなど対策を練られるようにもなる。ある意味では食糧不足になったかもしれない状況だったといえますが、現代になれば世界との連携も相まって不測の事態に陥られなかっただけ幸いでしょう。ただこの問題により、焼肉を進んで行こうとする人が減ったのも事実で、外食でも肉を注文しない人が増えたため、被害は小さいとはいえないでしょう。

焼肉文化=日本の獣肉文化がいかにして発展したか

現代人の食事、人によってはご馳走とみなされる焼肉ですが、その歴史はある意味で波乱万丈だった。ただひとつ言えるのは、日本の焼肉は韓国から伝播されたものではないと言う点ははっきりさせておきたい。確かにその起源を作るために在日韓国人による動きはあったが、基本は日本人向けの味付けにこだわっていたため、今の焼肉の在り方は日本人のためと言える。そもそも韓国と日本の焼肉はそこまで似通っていないため、韓国で焼き肉を食べても美味しくないと感じる人がいたとしてもおかしくはない。

また厳密に言えば焼肉とは、遥か昔から親しまれてきた獣肉文化そのものが原点となっているため、先祖たる古代の日本人たちが行っていた食糧事情から読み取れば、肉を食べる行為を日本人が当たり前だったのです。それなのにどうして韓国から誕生したと、焼肉文化の起源が他国によるものだと言われているのが少し気になるところでもある。真実というものは、いつも見えにくいものですが、日本人はそこまで悲観しなくても良いのではないか。