焼肉のルーツは日本にあった!?

日本の肉食に対する価値観

ある意味何でもOKだった

日本の焼肉文化が完成された現代、今を生きる私達にとって肉を食べるという行為に対して何かしらの感情を持っている人はほとんどいないはずだ。筆者にしても、食をする際には何を優先しても肉があればそれを優先的に食べようとするもの。それが悪いと非難する人もいなければ、逆に適度な肉を摂取しなければ体に良くないとまで言われている。肉そのものを敬遠して食べないという人はほとんどいないはずだ、一人あたり食べたいと考えている量は差があっても、全く食べないというのも逆に問題だ。身体を構成する上で肉は大事な栄養源であり、嫌いだからと食べないでいると人体運用に必要な栄養素が不足してしまいます。

そもそも日本人が獣肉に対して全くといっていいほど食べなかったという時期は、あらゆる時代を通してみても存在しないのです。むしろ様々な時代であらゆる動物たちを食べて、飢えを凌ぐことに必死だった。一時期、獣肉を食べてはいけないと考えられていた時代もありましたが、どこ吹く風状態だったのです。あの動物は食べてはいけない、けれどあの動物については自分たちの生活に大事な食料を淘汰する害獣だから、殺して食料にするのは良いと見なされていた。

また明治時代にはあれほど人が寄り付かなかったはずの内蔵系についても、古代の人々にとって大事な食料兼栄養でもあったのです。そう、むしろ現代人よりも古代の日本人のほうが肉だろうと内蔵だろうと、何でもかんでも食べていた。

焼き肉食べたいよね

採集時代を基に

その最たる象徴として、縄文時代は典型的な獣肉を食べることで生活していくために必要な食料を確保していた時代だ。まだ農耕による作物を育てるだけの技術が無かった頃、その日の食料を確保するためには一日中動き回る必要がありました。今と違って、古代の時代において動物たちも無限とは行かずとも、多くの野生生物が跋扈していたため見つけるだけなら苦労はしない。ですが問題は、その食料を確保する際だ。動物の力は人間のそれとは比べ物にならない、そのため食料を得るためには必然と動物たちと命のやり取りが求められる。勝ったほうが相手を捕食し、負けた方は是非もなく食い散らかされる、これが宿命だった。

明日食べるものを獲得するのも困難だった時代において、最も多く食べられていたのが『鹿』・『猪』などです。鹿はともかく、猪を捕まえるのもかなり至難の業だ。現代では銃器があるものの、当時はろくな道具がなかったことを考えると、捕まえるのもかなり苦労していたと見える。それ以外にどんな動物を他に食材としていたのかについて、少し考えてみる。おおよそ挙げるだけでも、

なども捕食していたという。この中で気になるのは、狐を始めとした体内にいる寄生虫の存在だろう。動物によっては体内に寄生虫を宿している場合があるため、必然とそれらの肉を食するようなことになれば、食べた人間が死に追いやられる可能性は軒並み高くなる。ただそれも食べるものが確保されていない、食糧事情がきちんと整えられていなかった環境だったからこそ躊躇している暇はなかったのだ。

もし仮にここで貧困に喘いでいる原住民がいるとするなら、眼の前にいる動物を迷うことなく捕まえて食べようとするはず。それがたまたま狐だったのなら、誰が非難することも出来ない。その他の動物を見てもそうだが、狸と言われるとお伽話である『カチカチ山』を連想してしまうのだが、気のせいだろうか。後、クジラも食べていたというがどの程度の大きさのものを捕まえていたのかも、少しだけ興味がある。

美味しい食べ方

新しく事業を立ち上げようとお考えの方、事業用店舗 賃貸 勝田台も富士興地所株式会社にお任せ下さい。 店舗からテナントまで幅広くご紹介しております、どうぞお気軽に問い合わせ下さい。

生きる上で必要なこと

先に紹介した奈良時代に至るまで、肉食は古代日本の文化において当たり前のように行われていました。一重に生きるために必要なこととして、弥生時代に農耕が登場するようになっても獣肉を食料とする習慣が止むことはなく、継続していた。

ある記録によればこの頃はよほど食糧事情に困った際には人肉も食していたとも言われているので、現代の食糧事情がどれほど潤沢しているのかは言うまでもなく明らかでしょう。食べるものに事欠かない、そんな時代に生まれた我々には古代の人々がどの程度過酷な生活を強いられていたのか、想像するのも難しい話だ。