焼肉のルーツは日本にあった!?

在日韓国人による発想から

異臭の漂う料理という認識から

ホルモン焼きこそが日本の一般的な焼肉の原点というのも、中々皮肉な話だ。ただ包括的に物事を考えてみると、それも納得できる話でしょう。それだけ食糧事情に対して困窮していたのですから、背に腹は代えられない状況だ。ホルモン焼きが闇市で広く人気を獲得するようになる戦後から日本の焼肉は『隆盛期』へと突入するわけだが、ここが原点ではない。そもそも、肉食が解禁された明治時代からすでにホルモン焼きの材料である内蔵もまた、一部の商店で食材利用がされていた。

しかし当時のホルモン焼き、内臓を使った料理についての印象は最悪を極めており、決して人が寄り付きたいとは思えない場所だったとも言われています。現代の焼肉店でもホルモン系の食材は事前に下ごしらえなどがしっかりと済んでおり、食材とするための生々しい部位の加工前を見る機会は滅多にない。そうした事はすべてしかるべき業者によって処理されてから、業者へと流されて正式に商品として取引されている。何時の時代にしてもこうした食料品を支える裏側には血生臭い仕事を生業としている人がおり、そんな人々に我々の食事情が支えられていることを忘れてはいけない点だ。ですがそれを含めたとしても、食肉事情がまだ根付いていない国民にすれば中々受け入れられないものだったのも間違いない。

とはいえ何も欠点ばかりではなく、人気がない分だけ取引相手も少ないがためにかなりの低コストで売買されていたといわれているので、飲食店を経営する側としては願ってもない話でしょう。1つ難題なのが、調理をすればそこからとてつもない異臭が出てくるくらいだったが、その時代にも目に物珍しい食事の虜になる人はいたという。ホルモン焼きが一般化するまで時間は要するものの、社会の裏側では着実にその人気を獲得していったのが、ホルモン焼きだったというわけだ。

焼き肉食べたいよね

その後の流れとして

ホルモン焼きの登場で戦後の日本、闇市を中心とした裏側では何とか食に困らないまで状態を維持することに成功していく。ここまでの流れを見れば分かるように、明治時代からひっそりと始まっていた内蔵を用いた食事はそのまま明治から大正、そして昭和へと日の光に当てられることなく一部の人に人気を博していた。一般的な認知度に膨れ上がってくるのは、大体1930年頃と言われているが、あくまで情報が流れた程度でしょう。それまではホルモン焼きは『精力を増進する料理』として受け入れられており、玉子や納豆などと同じくらいの位置にいたという。

この頃になると世間でも内臓系を用いた料理も正しく利用すれば、体に良いとする動きもまた出てきます。何かしらの勢力が力を発揮しているようにも見えなくもないですが、ホルモン焼きは着実に流通市場へと導入する動きが強化されていた。それが行われていたのが1940年代初めの頃、丁度第二次世界大戦が混迷する中で、日本もまた食糧不足に苛まれている時になる。そう、最早体裁や好き嫌いなどと考えている暇はないとして、内蔵でも何でも食べられるなら食べて生きなければならない、そんな見方まで出てきたのだ。

その状態は敗戦・GHQによる占拠が解除されるまでほぼ数年間継続したとするなら、ホルモン焼きが台頭してきても何もおかしいことはありません。

美味しい食べ方

普通切手1,000円(シート)は 93.5% で買取中です!!日によって変動しますので当サイトにてご確認ください。切手買取はU-Martにおまかせ!満足価格で買取いたします!ぜひご利用ください♪

ホルモンで思い出すのは

閑話休題だが、この頃のホルモン焼きが安全な食べ物だったという点が一つ気になるところ。何せ内臓系は部位によっては良くトリミングをしなければならない場所もあり、十分な下ごしらえをしていない内蔵を食すると人体に毒となる成分をそのまま摂取してしまいかねない事態になるからだ。調べてみるとそうした情報が見当たらなかったのが気になるものの、やはり中には悪徳業者がいて、その被害に見舞われた人は少なからずいたと見て問題無いでしょう。

この話題に触れると個人的に思い出されるのは、焼肉酒家えびすで起こった事件だ。死者5人を出したこの事件は当時、焼肉業界に多大な影響をもたらした事件となり、それまで普通に提供されていた生食のユッケが食べられなくなり、それを惜しんだ人もいるでしょう。ただこの事件も結局は業者がトリミングを怠り、それをしっかりと確認しなかった会社側の責任になる。逆にそれまでよく問題にならなかったと思いたくなるところですが、そう考えるとホルモン焼きの方がまだマシなのかもしれません。生で食べるよりかは焼いて食べたほうが安全、そんな見方があったのかもしれませんね。

ホルモン焼き、一般大衆化へ

その後、ホルモン焼きは立派な食事として多くの人に受け入れられ、着実に市場での価値を底上げしていった。それまで闇市でしか取引されていなかったものが、表の世界で注目を集めると同時に内蔵の取引を行っていた業者も稼ぎを伸ばすために進出を試みる。戦後間もない日本、その時代に生きた人々も働くためには食べなければならない、けれどろくな食事がない状況で親しまれたのがホルモン焼きで、労働者階級の人々に親しまれながらその価値が年々上がっていき、後に大衆料理へと変貌していくのです。